シロッコファン型換気扇のメリット

 住宅のキッチンレンジフードで使用される換気扇ですが、大きく2種類に分けられます。一つは昔からどこの家庭でも使われているプロペラファンです。見た目は扇風機のような羽で構造は同じです。吸った空気を直接外気へ放出するので外部から塵やホコリまたは虫の侵入が無いように、外側にシャッターを取り付ける必要があります。欠点は吸い込む力が小さい事です。プロペラが大きければ吸い込み力も大きくなりますが、住宅に設置は不向きです。換気扇の使用箇所はキッチン以外にも、トイレや浴室そしてリビングがあります。最近ではフィルター付きで掃除のしやすい機種や光媒体で空気の洗浄を付加した機種があります。 それ以外でも現在ほぼ主流となっているのがシロッコファンと呼ばれる換気扇です。

シロッコファンの特徴とメリット

 シロッコファンの最大の特徴は、プロペラ式と違い外気に直接接しないでダクトパイプを通して外気へ放出しする事です。構造は縦型の羽根が筒状に並べられている事です。このシロッコ式は設置場所を選ばないのがメリットの一つです。プロペラ式はどうしても外壁面に設置する必要がありますが、シロッコ式なら部屋の真中に設置可能になります。どこにでも取り付けられる事で、建物の設計上でも間取りの自由度が増し様々な設計が可能になります。換気扇たった一つで建築が変わってしまうのです。 もう一つのメリットは、キッチンに設置の際にガスコンロの上に覆いかぶさるように取付するの為、油煙などの捕集効果が高くなるのが特徴です。また、直接外気に排出されない事は風の影響を受けにくので大変効率が良いのです。

長持ちをさせる為のメンテナンス方法は

 非常に効率の良い存在でも日々の使用で汚れはどんどんと付着します。特にキッチンは、油汚れがひどくメンテナンスは大変です。しかし、定期的に掃除をする事で効率を下げる事無く使用できます。一番初めに正面にある網を上に押し上げて外せば、ファン本体が現れます。上部を見れば電線プラグがどのメーカーでもあり、安全の為に外す事をお勧めします。ファンの周りに蝶ネジ2~3本で留付けされているので外します。そして本体の中央にある六角ネジ(メーカーで形状が異なる)を回せばファン本体が外れます。後は油汚れを落とす洗剤で洗い流すだけです。定期的に本体清掃は行うとして、普段は市販されている使い捨てフィルターを網の表面に設置すれば油煙等を防ぐ事が出来ます。  シロッコファンは、住宅設備で多用途に使える重要な役割を果たしています。