シロッコファン型換気扇の清掃方法

大掃除などにならないと手をつけようとはしない換気扇ですが、中でもシロッコファン型は中の羽根の外し方が分からない、構造がよく分からないので触るのが怖い、高所の作業が大変そう、はたして素人に掃除が出来るのかなど、思っている人も多いです。実際のその構造は意外と単純であり、手順通りにやっていけば外し方、キレイにしてまた設置する、というのは誰でも挑戦することが出来ます。あとは、中の羽根部分をはじめ、蓄積された油汚れを無理なくしっかり落とす方法でキレイにするポイントを押さえておくことが決めてとなります。換気扇の手ごわい油汚れを落とすのに必要なグッズは、軍手、ゴム手袋、洗面器、お湯、重曹、セスキ炭酸ソーダ水、使い古しの食用油などです。これらをうまく使い、挑戦してみましょう。

シロッコファンの分解と外す方法

シロッコファンには深型と浅型がありますが、構造はおおよそ基本的には同じです。まずは軍手をして、ネジを緩めて整流板・フィルター網を外します。上部がバネに挟まれて支えられていますので、全体を持ち上げてずらし外します。中にシロッコファンの特徴である羽根部分が見えますので、電源OFFを確認してから、風除け円盤であるベルマウスを外していきます。ここで、深型の場合には、換気扇外側の屋根部分を外してからにすると作業がしやすいです。ファンを留めているスピンナー蝶ネジは、普通のネジと逆回転となっています。右回しで外れますので、蝶ネジ2~3箇所を慌てず作業して円盤部分を外しましょう。いよいよ次に肝心の羽根部分ですが、中心に締まっている六角ネジを六角ソケットレンチで丁寧に緩め外していきます。油が固まって外せないときは、ライターなどで周囲を温めながら作業すると取れやすくなります。

換気扇のガンコな油汚れ掃除の仕方

整流板の油汚れは、使い古した食用油を使うことでキレイになります。ゴム手袋をして、古食用油を整流板に塗布し、新聞紙などで拭き取っていきます。フィルター網は重曹を振り、シンクにお湯を張った中に付け置きします。油は熱で緩くなるため、ぬるま湯ではなくなるべく熱いお湯にするのがポイントです。汚れが柔らかくなったら、歯ブラシでこすれば楽に落ちます。すすぎもお湯を使いましょう。羽根部分は細かいパーツが多いため、やはり浸け込み洗いが必要です。洗面器やバケツにビニール袋をはめてお湯を張り、セスキ炭酸ソーダを溶かした中に30分ほど浸け込みます。セスキ炭酸ソーダは重曹よりも水に溶けやすくアルカリ性が強いため、手荒れ防止に必ずゴム手袋で作業します。百円ショップでも購入することが出来ます。油汚れが浮いて来たら、歯ブラシでこすって落とし、よくすすぎます。あとは外した工程を逆に辿って、設置します。冬よりも夏場に作業した方が、油汚れは落としやすいです。